【実践31日目】8月の1ヶ月でどれだけ外注費が掛かったのか集計してみた

◆実践記(31日目)

【本日の作業】

・8月1日~31日までの1ヶ月間に掛かった外注費の集計

【作業の狙い】

・外注費の把握

【作業を通しての気づき】

・結構外注費を使っていて驚いた。この費用を取り戻すべく作業を実践していく。

早いものでもう1ヶ月が過ぎ去ってしまいました。光陰矢の如し…。

まだサイト開設すら出来ていません。

8月はとにもかくにも記事を収集することに専念していましたので、少しづつ記事が溜まってきました。

分かっていたことですが、FAAPの実践初期段階では、やっぱりそれなりの外注費がかさみますね。

一旦外注費をまとめてみます。

2017年8月外注費まとめ

はい、結論から34,000円掛かってました。

お盆期間はあまり作業出来ませんでしたorz

工程別には、

やっぱりライティングの工程に一番費用が掛かっていて、全体の71%を占めています

色々失敗したのはやっぱりキーワード収集の工程ですね。割合は多くないものの4,000円以上もこの工程に掛けた割には、ロクなキーワードが集めれていませんでした。

逆に魅力的な記事タイトルや見出しをつけるタイトル工程にもっと費用をさいたほうが、のちのち有利になるような気がします。

キーワードは結局自分で集めたものと、約300個外注を使って集めたものを自分で再度手直ししてから使ってます。

これじゃ完全外注化からは外れてしまいますね。

9月に向けての作業

キーワードのストックはある程度出来たので、一旦キーワード収集工程の外注さんは募集を辞めて、その分ライティング工程を一気に進めていきます。

目標は記事を100記事ためて、2か月近くは毎日2記事づつ公開していっても、投稿する記事が枯渇しないようにすることです。

ブログが育つにも一定の時間が必要そうなので、とにかく早く投稿サイトをオープンさせる予定です。

記事投稿しないと1円も稼げないのでね。

ではでは。

もっと実践記のリアルタイムが見たい方は

こちらに登録して下さい。

バックヤード赤裸々に見せます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする