【実践39~40日目】FAAP校正工程のマニュアルに不満

◆実践記(39~40日目)

【本日の作業】

・校正工程と投稿工程を通しで行えるようなマニュアルを書き上げる

・納品されてくる記事のチェック

【作業の狙い】

・教材付属の校正工程のマニュアルに不満があるので、より良いマニュアルにするためにブラッシュアップする

・校正と投稿を通しでやってもらえるようなマニュアルにすることで、外注人数を抑える

【作業を通しての気づき】

・教材付属のマニュアルをベースにして、マニュアルを書き上げた為、工程毎作業内容がしっかりと把握できた。

校正工程のマニュアルに不満爆発!からのマニュアル作り

校正工程の外注さんに教材付属のマニュアルを送って、作業をしてもらっていますが、

作業のクオリティがあまり良くない。

特に文字装飾の部分に難があるように思う。

納品物に毎回手を入れていては、せっかくのフルオートメーションが台無し!

そこで満を持してマニュアルのブラッシュアップに取り組むことにした。

校正工程と投稿工程のマニュアルのドッキング

どうせマニュアルに手を入れるならと、

校正工程と投稿工程のマニュアルを合体することにした。

というのも、この二つの作業は一緒の外注さんが一気に仕上げたほうが、全体のクオリティが上がりそうな気がしたのだ。

しかし投稿工程のマニュアルは結構なボリュームがある代物で、これに手を入れると随分時間が取られてしまう。

・・・よし!腹を括る

結局日曜日というサラリーマンの貴重な休日を、完全に引きこもって一気にマニュアルを仕上げた!

新マニュアル(笑)は、教材付属のマニュアルにはない項目もしっかりカバーしており、

完全素人な外注さんでも、少し触ればワードプレスに投稿がしっかり出来るものへと昇華した。

自分が導入したWordpressのテンプレートに対応させ、必要な項目をしっかり埋めることが出来たので、投稿工程には自信が持てる。

校正という作業は、センスも必要だけど、マニュアルに落とし込むことで成果物に一定のクオリティが期待出来る。

マニュアルづくりは、ホワイトカラーサラリーマンなので慣れっこだ。

新マニュアルの真価は来週のお愉しみ

明日以降クラウドソーシングで校正・投稿外注さんを探すことにしよう。

募集の単価どうしようかな…。

もっと実践記のリアルタイムが見たい方は

こちらに登録して下さい。

バックヤード赤裸々に見せます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする